居酒屋でもposレジでのマーケティングが盛んです

posレジの機能を使えば、どのような年齢層のお客様がどのような商品を注文したかを情報として把握することができます。

小売業だけでなく、居酒屋などの飲食店でもposレジによるマーケティングが盛んに行われています。

飲食店のレジの最新情報を紹介しています。

同時にウエイターに端末を持たせることで、1杯のビールがおよそ何分で飲まれるかや、最初に注文するものや最後に注文するものなどの情報も知ることができます。



多くの店舗を持つチェーンではデータの量も多くなり、標準的なお客様がどのようなメニューをどのくらいのタイミングで注文するかを推測することができます。

NAVERまとめのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

飲食店ではお客様にお酒や食べ物を出すタイミングは重要ですが、長年の経験の部分をposレジによるデータで代用することができます。

売れ筋の商品の季節的な特徴もわかり、おおよその売り上げが予測できれば、チャンスロスや食材の無駄を防ぐ効果も期待できます。


中小のチェーンでは導入していないところも多いですが、これからは日々の情報を管理し、利益につなげることが居酒屋でも当たり前になるでしょう。


しかしposレジによるデータの管理には弊害もあります。
居酒屋などの飲食店は個店により売り上げの傾向が異なり、チェーン全体のデータを基にした戦略では現場とズレが生じることです。
やはり現場でお客様と接することで得られる感覚も存在します。集めたデータから必要な部分だけを利用し、全店レベルで使用できるものを選ぶことが重要になるでしょう。

関連リンク

POSレジのシステムの機能とは

POSレジは最近では小規模なスーパーマーケットでも利用されており、非常に良く目にするものですが、その機能はなかなか一般の人にはわからないものです。しかし、POSレジのシステムは非常に多くの情報を取り扱っており、小規模のスーパーマーケットであってもその売り上げ向上や集客に大きく貢献しているものとなっています。...

more

POSレジのシステムのメリットデメリット

POSレジのシステムは多くの販売店で使用されており、現在の販売ビジネスにとっては無くてはならないものとなっています。店内や複数の店舗のすべてのレジの売り上げを集中管理できることで、売れ筋商品や店舗ごとの売り上げ金額、客層などが分析できるため、販売戦略を適切に立案するための重要な情報を入手し蓄積することができます。...

more